アクアの限界値引きを一度の商談で!

アクア一発値引き交渉!

たった1回の交渉だけで、アクアを限界値引きで買う方法です!

交渉が面倒な方や苦手な方におすすめです。事前の情報収集をしっかりとやって、一発交渉を仕掛けましょう!

アクアの限界付近の値引き金額やオプション値引き、諸費用、下取り相場を調べて、購入希望予算を設定します。


アクアの目標値引き金額

アクアの値引きが今いくら可能なのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)アクア値引き口コミも参考にどうぞ。

アクア車両本体からの目標値引き額(2016年12月現在)

20万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+3~5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+3万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+3~5万円前後
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+3万円前後
※参考 アクア実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、アクアの値引き合格ラインです。

さらにアクアを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の瞬間的に値引きが多くなる時期も参考にして、一発値引き交渉で提示する購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、現在の相場を調べて予算組みをします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車を一番高く売る方法も参考に。

 

アクアの諸費用

アクア1.5 Sの概算の諸費用です。アクアの車両本体価格とオプション価格にプラスして、定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 135,087円

・自動車税(8月登録) 20,100円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 9,130円

・登録諸費用 65,817円

 

1回の交渉でアクアの限界値引きを引き出そう!

上記のアクアの値引き額、オプションからの値引き額、諸費用を調べたら、一発交渉で仕掛ける希望の購入金額を設定します。

あまりにも安すぎると失敗しますし、そこそこの値引きでは一発で仕掛けるメリットがありません。

今月のアクアの目標値引き額を参考に、限界ギリギリの購入金額を設定しましょう。

アクアの購入金額を設定したら、トヨタディーラーへ行って「この購入条件になれば契約します」とセールスさんに伝えます。

ただセールスさんに伝えるだけで、限界値引きでアクアを購入出来るなら、誰も苦労しません。

普通は断られてしまいます。

しかし、ライバル車のディーラーや他のトヨタディーラーで「交渉は大詰めで契約間近」と言う状況でディーラーに行けば、アクアの値引きを引き出せるでしょう。

アクアはトヨタ全店で買うことが出来ます。「ネッツ店、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店」ですね。

この中で一番値引きを出している傾向のディーラーは、ネッツ店です。次いでトヨタ店、カローラ店でしょう。ネッツ店を中心に一発交渉を仕掛けると成功しやすいです。

ただ、「今値引き出来るディーラー」は販売目標の達成や未達などのタイミングによって異なります。

もちろんネッツ店以外でもアクアを安く買う事は可能なので、一番購入したいディーラーでアクア一発値引き交渉を仕掛けると良いでしょう。

 

商談するディーラーが決まったら、ディーラーへ訪問してアクア一発交渉をスタートします。

参考までに以下のように伝えてみます。

「今フィットハイブリッドの購入を考えていて、商談も大詰めです。これからホンダへ行って契約しようと思っていましたが、アクアもいいなと思い来てみました。予算が限られているので、もしフィットよりも安くなるならアクアでも良いと思っています。フィットは205万円です。希望額の200万円になればアクアをこの場で契約します」

と、 セールスさんに伝えます。

「フィットハイブリッドを購入予定だが、安くなるならアクアを購入してもよい」と言う背景で話をすれば、こちらのペースで商談できますね。

当サイトのアクア目標値引き額からよほど逸脱していなければ、成功する確率は高いです。

もし失敗したら、アクアはトヨタ全店扱いなので、系列違いのトヨタディーラーで再度一発交渉を仕掛けることも可能です。

または、値引き金額を少し減らして妥協案を提示して再度商談しても良いでしょう。

一例はフィットハイブリッドとの競合ですが、アクア同士の競合でも成功する確率が高いです。

「今日中にトヨタ店で契約しようと思っていたが、トヨタ店よりも安くなるならこの場で契約しても良い」とネッツ店やカローラ店で一発交渉を仕掛けると効果的です。

 

事前にアクアの購入条件を伝えておく

アクア一発値引き交渉以外にも、アクアを限界値引きで購入する方法があります。

アクアの購入を急いでいない場合に限りますが、事前にアクアを買っても良い条件をセールスさんに伝えておきます。

値引きの多くなる時期に合わせて事前にセールスさんに伝えると良いでしょう。

年度末決算セールなら1月中旬に、夏のボーナスセールなら5月中旬に、9月の中間決算セールなら8月のお盆休み明けに、冬のボーナスセールなら11月中旬に、それぞれ希望総支払額を伝えて、「この金額で出来る時に連絡をください」とやります。

出来るだけ多くのトヨタディーラーに伝えることで、成功する確率が高くなるでしょう。

意外にこの方法も成功しますよ!

 

アクアの値引き交渉が苦手な人は?

値引き交渉が苦手な方も中には居ると思います。

アクアの値引き交渉が苦手な方でも、下取り車があれば値引きを下取り金額でカバーできます。

とても簡単に出来る方法なので、値引き交渉が苦手なら試して損はない方法ですよ。

 

ディーラーはウソを付いている??

ディーラーへ下取りに出す時に気をつけたいのは、 その下取り金額です。

ディーラーの下取り金額は、かなり低く見積もって来ることが非常に多いです。

多くのユーザーは、何の抵抗もなく自分の車をディーラーへ下取りに出しています。買取店を利用する人も居ますが、まだまだディーラーへ下取りに出すユーザーが多いのが実情です。

管理人の場合、軽自動車を買い替える時に、ディーラーへ下取りに出したことがあります。

新車の見積もりをして、ついでに下取り車をディーラーで査定してもらいました。

そこで出た査定金額は39万円

新車で購入して8年乗ったので、当初は10万円くらいかと思っていましたが、意外と付いた印象です。

であれば、「もしかしたら他ならもっと高くなるかも?」と思い買取店にも査定してもらうことにしました。

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場が表示されるのですが、そこで出た金額がなんとディーラーよりも20万円も高かったのです。

 

カービュー査定

ホントに??と一瞬疑いましたが、さすがに20万円は見過ごせません。

ディーラーへ伝えると、なんとディーラーも下取り金額を上げてきたのです。

その時の契約書はこちら。

 

最初の39万円から18万アップの57万円になりました。あの39万円は何だったのでしょうか(笑)

査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、「お客さんの車はカスタムなので、標準車よりも査定は高いですよ」と言ってました。

確かに管理人の車はカスタムグレードでしたが、標準グレードよりカスタム系の方が中古車では人気があるようです。

買取店は58万円まで付けてきましが、リサイクル料金の戻りを合わせればディーラーの下取り金額とほぼ同じなので、この時はディーラーへ下取りに出しました。

最初の39万円で決めていたら、19万円も損したことになります。ディーラーの初回の査定は信じてはいけませんね(笑)

 

19万円も損しないためにやった事は?

下取り車で19万円も損しないためにやった事は、査定サイトで表示された自分の車の買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで、19万円も安く新車が買えた事になるので、アクアの値引き交渉が苦手な方でも簡単に出来る方法でしょう。

この時利用した査定サイトのカービューなら、1分程度の入力後すぐに画面上に買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り金額のアップを目指すなら、オススメのサイトですね。

 

>>カービューの無料査定はこちら

無料査定

 

PAGE TOP